たばこ、来年4月以降値上げ検討

もたらされた情報に言葉を失った。それがあのふたりの間に存在していた葛藤の原点なのか。

ニクソン プレイヤー
「結局係長とその人、二ヶ月もしないで終わったらしいの。しかも一方的な別れ方だったって。まあそれだけならどこにでもある男女の話だし、内心どうあれ主任だって受け入れてたんだろうけど……係長がWEBに異動してそれが変わったって」
「どういうことですか?」
「社外の女性関係がすっかりおとなしくなって、ファンの子たちともスッパリ手を切って……これまでは『そういうヤツ』だからって軽蔑してれば済んだ係長が急に変わって、『今更そりゃないだろ、変わるんならなんでもっと早く変わらないんだよ』……飲んでクダ巻いたんだって」
 別れた恋人のために怒りを溜めていたのか。結局彼女もまた係長にとっては『過去の女の一人』に過ぎなくなって、そんな結果を迎えるために自分たちは別れることになったのかという怒り。
「皮肉なことだと思うわよ。だって係長が変わった理由ってきっと――」
 杏子さんはそこで言葉を止めてじっと私を見つめた。その瞳を見て彼女の言いたいことがわかったような気がした。

 滝沢主任には、係長が社長のお気に入りを味方につけて出世目的に利用しているように見えていたんだ。私を信用させるためにこれまでの態度を変えていると。
 私が「一緒に一番を目指す人がいるのか」となじるように言ったときに歪んだ顔を見せたのも、彼女への想いがまだ完結していないからなのかもしれない。もしかしたら、主任はその彼女と一緒に一番を目指したかったのかもしれない。だとしたら彼をあんな行動に駆り立てたのは私の言葉だったんじゃないか。
 それぞれの方向を向いていたはずの想いがねじられてつながって予想もしない結果を生んだ。今私がやろうとしていることも、自分の想いばかりに目が向いていて、正しいことではないのかもしれない。どんな結果に行き着くのかもまだわからない。
 でもこの選択をしなかったらきっと後悔すると思った。だから私は何度でも同じことをするだろう。
  
 
 やがて杏子さんが沈鬱な顔で口を開いた。
「……一人で落ちたんじゃないよね?」
「一人で落ちたんですよ」
 間髪を入れずに返答した私を軽く睨む。
「あんたが我慢して口をつぐむことじゃないんだよ? 事実ははっきりさせるべきだと思う」
時計 ニクソン レディース
 すでに確信しているらしい彼女には、通りいっぺんな言い方では通用しないと思った。
「一人で落ちたんです。それが事実です。……そうでなきゃいけないんです」
「……係長のため? あんたが侮辱されてあれだけ怒れる人だから、あんたのこんな姿見たら何するかわかんないけどさ。でもね」
 口調を強いものに変えて彼女は言葉をつないだ。
「あたしがさっきの話をしたのは、係長のためでも主任のためでもないの。男女問題に端を発した男二人の揉めごとに、あんたが巻き込まれるのはおかしいって言いたいの。
 係長がそのことを話さなかったのは男のずるさだと思うし、あんたが引っ被ることなんかないよ。――たとえそれであの二人が会社を辞めることになってもね」

 男のずるさ。でも私にはそうは思えなかった。少しずつ彼を知ってきた今の私には。
 何があっても嫌いにならないと約束した。何があっても彼を信じると。私の言葉を疑ってはいないだろうけど、過去は変えられないことも一方ではよくわかっている。
 今どれほど誠実に尽くしても、過去の自分は消えることなく冷ややかに意地悪な目で、今の自分を見つめているのだろう。彼は怖いのだ、ずるいのではなく。私が未来を怖がっていたのとは反対に、彼は過去を怖がっていたのだ。
 滝沢主任と関わらないでくれと何度となく言ったのも、営業部時代の噂と合わせて私に知られるのが怖かったんだろう。
 そう思ったら、彼のことがたまらなく愛しくなった。怖さを抱えながらも私に自分を見せてきてくれた彼が。 
 
 ふっと笑って唇を動かした。
「杏子さん。……女が男を守りたいって思ったら
http://www.uv75.com

ケネディ駐日大使、来月にも着任

ん、知りたがってたじゃないですか」
「だからそれになんで俺の名前が出てくるんだ!」
「続きまだありますよ! 石津さんが知りたがってた女性関係。ええと、これまでに交際した女性は多数。全てが女性からのアプローチによるもので、平均交際期間は約五ヶ月。同時期に複数の女性との交際もあり。未確認ですが三股かけていたとの情報も。『あいつは女を口説いたことがない』とは同期であるS間主任の証言です。また『あいつの傍にいるとオコボレがもらえることもあるんだよな』とニヤつきながらつぶやいたことから、どうやら実際にオコボレをもらったと推測されます」
「ポチお前っ、俺の名前出すなって言っただろうが!」
guess 時計
「相手は美人でキャリア志向の女性が多い。職業は雑誌編集者、テレビ局ディレクター&AD、キャビンアテンダント、ファッションモデル、芸能人……」
「マジ!?」

「それはガセネタ」

 噂話で盛り上がる場に響き渡る魅惑的なテノール。皆が部屋の入口に振り向き、声の持ち主を確認する。王子様の登場だ。
「おはようございます」
「おはよう」
 真っ直ぐこちらに近づき輪の中に入る瀬尾係長。
「朝から盛り上がってるね」
 声に含まれた皮肉な調子に、現場を押さえられた同僚たちは慌てて責任転嫁を始めた。
「あっ、いやっ、こいつが面白いネタがあるって言うから」
「ゴシップなんてくだらないからやめろって言ったんすよ」
 そろって私に非難の視線を浴びせる。みんな喜んで聞いてたくせに!
 係長は困ったような目をこちらに向けた。ヤバい、何を言われるのかと身構える。
 しかし彼は苦笑して同僚たちにチクリと言葉の針を刺した。
「噂話っていうのは一人じゃできないと思うけど? 今度僕に関する面白いネタが入ったら、僕も混ぜてもらおうかな」
 あまり怒ってはいない様子の彼にとりあえず安心して、皆が白々しい笑いを返す。そこに松永部長と工藤課長が入ってきたので、輪を解いてそれぞれ持ち場に戻った。
 

 瀬尾係長が異動してきて一週間。
 このどちらかというとガサツで下品なWEB事業部に端然とおわす王子様は、果たして馴染めるのだろうかという周囲の心配をよそに、あっという間に自分の居場所を見つけてしまった。女性社員はもちろん、男性社員の信奉も集め、現在人気沸騰中。寄ると触ると彼の話題で盛り上がっている。
 何と言ってもその外見がまず目を引く。物腰は柔らかで口調も丁寧だ。王子様というのもなるほどうなずける。が、時折見せる「エロカッコいい」(某同僚談)表情もまた彼の魅力の一つで、女性たちを惹きつけてやまない(のだそうだ)。
スウォッチ
 そこがウチの兄と違うところで、兄の場合は職業柄、知的で真面目でシャープな印象を与える(ように見せている)。

 さて、係長のモテ度の高さは毎日昼時になると確認できる。
 すなわち、ランチのお誘い。
 取っ換え引っ換えどこぞの部署の女性社員たちが、あるときは単独でまたあるときは複数でやってくるのだ、ここ十階のWEB事業部まで。これには私たち全員が仰天したと言っても過言ではない。
 女性社員からのディナーや飲みの誘いには絶対に応じない係長であるので、ランチだけが彼女らに残された唯一の希望なのだろう、とは杏子さんの意見である。聞くところによると、誰が係長とランチに行くかを巡って喧嘩になったこともあるそうな……
 私たちWEB事業部が十階で平和を享受している間に、階下ではそんな争いが繰り広げられていたとは、あな恐ろし。
 ちなみにこの一週間、係長は彼女らの誘いには応じず、WEB事業部の同僚たちとランチに行く方を選んでいる。これは、新しい職場に早く馴染もうとする彼の立場からすれば当然だろう。そういう事情を彼女らもちゃんと汲んであげればいいのに……


 パソコンのメールチェックを始めたところで肝心なものを石津さんから受け取っていないことに気づき、直ちにメールで督促した。
《情報料》
 このために職場のお姉サマ方による噂話に首を突っ込んで
http://www.tjf1.com

やなせ氏が遺した遺産400億の行方

た。ブランディオは彼らからこの館の真実を見る過程で、彼らが何をされた方を全部知ってしまったのだが。
coach アウトレット 店舗 coach shop
「全く、ようも吐き気のする行為を平然と行えたもんや。確かに稀代の狂った女やで。なあ?」

 そうつぶやくブランディオが部屋の隅を見ると、地べたを這いずるインソムニアがいたのだ。ジェイクに致命傷を浴びせられ、それでもなんとか彼女は脱出し、ここまで移動してきたのだった。もはや『城』を維持する能力も、悪霊として恐怖を周囲にまき散らす力もありはしない。ただその長い髪を振り乱し、不気味な印象だけを与え、這いずるのが精いっぱいだった。
 ブランディオはまるで虫でも見るような目つきで、自分の足にしがみついてきたインソムニアを見た。

「やったのはやっぱりジェイクか。あの小僧、本物のようやな。五位の悪霊ともなれば、あんな未熟な騎士の聖別なんぞ掻き消えるはずや。だけど実践不足か、取り逃がすとは。まあとどめはワイが刺しておくわ。出血大サービスでな。
 それにしても哀れな女や。さっきランブレスの記憶を見たが」

 ブランディオはふっと先ほどランブレスと執事から見た記憶を思いだす。それは断片的だったが、確かにインソムニアの人生と、隠された真実を暴きだしていた。
 インソムニアが生まれた時。確かに彼女は不気味ではあったが、愛情深いランブレスとその妻は彼女の生誕を喜んでいた。少なくとも、その努力はしていたのだ。だが記憶がコマ送りのように飛ぶたびに、妻もランブレスも必要以上にインソムニアに怯えていた。そしてランブレスは館を改造し、妻にインソムニアの世話を押し付けるように、彼女から離れて行った。コーチ 店舗 coach アウトレット
 男ゆえの性か。子育てよりも仕事に没頭するするふりをして、ランブレスはインソムニアから離れた。だが妻の方は子育てに対する責任感からか、インソムニアの近くにできる限りいようとした。それが災いしたのか、妻は徐々に精神を病んでいった。そして妻は人に隠れて、娘に虐待を繰り返すようになる。
 それはまだインソムニアが赤子に近しいころから繰り返され、物心ついてからも執拗に行われた。最初は頬を張ったり、水をかける程度。だが徐々に虐待は拷問に近くなり、手はこんでいった。そしてランブレスの知らないところで、執事が妻に協力をしていた。妻が力仕事をさせるために執事を使ったのだが、彼らは異常な秘密を共有したことから妙に親密になり、そして彼らは子供を虐待しながら一種の興奮を覚えるようになる。異常をきたした彼らは、ついにインソムニアの前で背徳的行為に及ぶようになった。インソムニアは幼い頃からずっとその光景を見て育ったのである。
 ある日執事は、インソムニアが逆に自分の母親に拷問している姿を見てしまう。最初は妻を助けようと考えた執事だが、その手口の容赦なさと、美しさに逆に虜にされてしまった。そしてインソムニアの下僕となった執事は彼女にせっせと犠牲者を運び、妻は怯えきってしまい娘に近寄らなくなっていった。
 やがてランブレスが館を改造しインソムニアを閉じ込めようとするのだが、執事の手引きでインソムニアはたびたび脱走した。そして自分の母親のところに行っては、今行っている素晴らしい行為の数々を見せた。このころから能力の一部を発揮していたインソムニアは、母親が目を背ける時は夢に引きずり込んで無理やりにでも自分の行為に突き合わせた。母親が精神を病み、病気で死んだのも無理はない。
 そして執事はついにはランブレスも巻き込んで、インソムニアの行動を促した。執事はたびたび人を招待し、またランブレスの館の噂を流した。そして訪れる人々
http://www.924bc.com

“大根めし”を贅沢食材で再現した



「平和だねぇ。いつまでも君も、僕もこうだと良いんだけど」

 ドーラは澄んだ青空を見上げながら、葉の間から差す木漏れ日に目を細めるのだった。

フェラガモ 財布 男性

 降り注ぐ日差しの中、アルフィリース達が生活する傭兵団の宿舎の屋上で交差する影が二つ。とても人間とは思えぬ速度で動く二つの影の名を、ルナティカとレイヤーと言った。
 二人の手にはそれぞれ小刀と剣。ルナティカは得意の二刀で出入りの妙で戦うのに対し、レイヤーは後ろに進むのを知らぬがごとく一挙に間合いを詰める攻撃性で勝負している。無言で戦い続ける二人だが、そのうちにルナティカの多方向からの攻撃にレイヤーの手が押され始める。そして数瞬後、レイヤーの剣は弾き飛ばされた。

「今日はここまでだ」
「わかった」

 ルナティカが喉元にぴたりと小刀をつきつけ、レイヤーが降参の姿勢を取る。ルナティカは手慣れた動作で小刀を収めると、レイヤーの剣を取るべく弾かれ刺さった剣の方に歩きながら彼を諭す。

「レイヤーは剣にこだわる。こだわり過ぎと言ってもいい」
「そうだろうか」
「多様な武器は選択肢の多さにつながる。剣で勝てない相手でも、槍や飛び道具なら勝てるかもしれない。それに剣が無い状況での戦闘も十分に考えられる」
「器用貧乏という言葉もあるはずだけど」
「確かに」

 ルナティカは剣を抜くと、レイヤーに放り投げる。そしてその剣を腰の鞘にしまうように促した。

「達人というものは恐ろしい。私は剣の達人と言われる人間を四人ほど仕留めたことがあるが、どれもまともにやりあっては勝てそうにもなかった。どうやってそれらを仕留めたと思う?」
「不意をついた」
「二人は。だが二人は不意を突かず、正面から戦った」フレッドペリー ブランド

 ルナティカのなぞなぞの様な問いかけに、レイヤーはしばし悩む。

「わからない」
「教えてやる。剣を抜け」

 そう言ってレイヤーが剣を抜こうとした瞬間、その柄をルナティカが足で押さえた。レイヤーは剣を抜きかけの恰好で止まったことになる。そしてその表情がはっとする。

「わかったか? 剣と言うものは鞘を伴う。抜き身のままの剣などすぐ刀身が錆びつくし、何より危険。だから鞘があるのは仕方ないが、どんな剣士であれ、剣を鞘から抜く動作というものに差は大してない。剣は腰に佩くか、あるいは背中に背負うか。そこから取れる動作はおよそ限られる。剣に限らず、どんな武器でもそうかもしれないけど」
「なるほど」
「だから私は色々な武器を体中に仕込んでいる。一見無造作に見えるが、かなり計算された仕込み方だ。立ったまま、座った状態、後ろ手、万歳、握手の最中。どの状態でも何らかの武器が取り出せる。多様性で私に勝てる事はまずないだろう。そして一撃入れば毒がまわる。それが私の戦い方」

 そこまで説明してルナティカは剣から足を離した。レイヤーは黙って彼女の説明を聞いていたが、やがて納得したように彼女に向き直った。

「でもやはり、僕は剣にこだわりたい」
「そうか。それは個人の自由だし、何も私も無理にやめろとは言わない。だが欠点は知っておくがいい。だが一つ聞く。なぜ剣にこだわる?」
「剣が僕の全てだから」

 レイヤーは剣を抜き、その刀身を陽に当てながら答える。反射する光に、レイヤーが眩しそうに目を瞑った。

「最初に人を殺したのは6歳の時だ。相手は奴隷商

http://www.cnxin36.com

楽天田中、無敗の24勝で最多勝

討するうちに、アルドリュースはグウェンドルフと知り合ってしまった。そしてその前にも非常に厄介な存在にもアルドリュースは認知されており、殺すに殺せなくなってしまったのだ。ermes ショルダー
幸いにもアルドリュースは短命であったため、オーランゼブルは計画の修正を行うことができた。アルドリュースの選択によってはもっと早くアルフィリースを手中に収めることもできたのだが、アルドリュースそういった意味では非常に厄介な選択をしたともいえる。アルドリュースの選択を監視しながら、何度オーランゼブルが歯がゆい思いで彼らを見ていたか。だが事態はオーランゼブルにとって想像の範囲を超えるほどではなかった。いまだアルフィリースはオーランゼブルにとって想定の範囲内の行動をとっているのである。むしろ傭兵団を結成したなどは、オーランゼブルにとっては望ましいことだった。

「(監視にもライフレスをつけた。奴がアルフィリースに負けることはありえないだろう。もし不利になるようなことがあっても、アルフィリースの牙は決して私には届かない。負けるはずのない戦だ、これは。いや、負けてはならない戦なのだこれは。全ては私の、我々の手の中になければならぬ)」

 そのことを思った時に、ふと自分が仲間に引き入れた少年の顔が浮かぶ。名前も知らぬ正直得体のしれない少年ではあったが、その魔力と使う魔術の種類に惹かれた。魔力はアノーマリーやサイレンスよりもやや上、ライフレスなどには遠く及ばぬ。そして使う魔術の種類は、世にも珍しい『促進』の魔術。元の形に治すのではなく、さらにより優れた形態への変化。その魔術の特性をオーランゼブルは好んだのだ。 
そこで精神束縛を施し、自分の傀儡としたはずだったが、どうやら彼には一切の魔術が作用しておらぬ様子だった。そうなると、彼は最初から自分の前で演技をしていたことになる。あるいは魔術や魔力すら演技なのかもしれない。何のために、あるいは何を知っているのか。疑問は尽きぬがとりあえずは自分に敵対はしないらしい。もし敵対したとしたら、はたして今の状態で自分は勝てるのだろうかとオーランゼブルは不安になった。そんな時にグウェンドルフやゴーラが傍にいない事の不便さを感じてしまう自分が、なんとも打算的まな自分にやや幻滅しなくもない。バーキン エルメス
 だが少年は自分の計画に賛同すると言っていた。その一言を信頼すべきかどうかはともかく、ならば誰にも知られぬようにした策の全貌を知っているというのだろうか。そのような者はハイエルフの一族にすらいないはず。たった一人を除いては。
 計画に今の所大きな支障はない。ほぼ全ての出来事が想定された筋道通りに進んでいる。一つ不安なのは、その少年の言葉。

「(いつか、お前が取るに足らぬと思っていた者に足元をすくわれる)」

 他の生物より優位に立ったつもりはない。この大陸の生き物はいつでもオーランゼブルにとって愛でるべき存在だったし、今もそのために動いている。可愛がりこそすれ、なぜに自分が他の生き物を見下さねばならないのか。オーランゼブルは少年の言葉にやや腹立たしさを感じつつも、気にかかってはいた。
 だからこの場所に足を運んだのかもしれない。全てを始めた、約束のこの場所に。開けた空間の中央まで進んだオーランゼブルは、その中にある青白い水晶にそっと手を触れる。

「娘よ」

 オーランゼブルが呼びかけた水晶の中には、金の髪をしたハイエルフの女性が眠っていた。その顔は穏やかに、だが少し悲しそうに何かを待っているようでもある。今にも起きて歩き出しそうな、ガラス細工の様な美しい女性。オーランゼブルが

http://www.bidihsm.com
07 | 2016/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
自我介绍

gou44ride

Author:gou44ride
欢迎来到FC2博客!

最新文章
最新留言
最新引用
月份存档
类别
搜索栏
RSS链接
链接
加为博客好友

和此人成为博客好友