絶対に欠かせないサラダの具は

存在を聞かされた今だと、長期休暇の存在もそれほど不思議に思わなくなっている。

 ただ、異世界人がいてその知識の伝播がある程度あったにも関わらず、この世界に火器が発達していないと言う事は、やはりこの世界において魔法は銃火器に勝る武器なんだろう。これまでに訪れた異世界人の内実を全部知って考えている訳じゃないから、推論に過ぎないけど。帝国の意図が読めないのは、確かだ。

 それに何人かの先人がいたにも関わらず、その出自は殆ど明らかになっていない事にも驚いた。女神に召喚されたのは僕ら三人が初めての事で、これまでの来訪者はあくまでも事故の結果だとしても異世界の存在は表沙汰になってはいなかった。異世界人だと明かして生活するよりも、この世界の一員として溶け込む事を皆選んだのだろうか。……中には僕と同じ様に容姿で酷い目にあった人も少なからず存在したと思う。それに地球人は身体能力もヒューマンより高いようだからその点でも迫害された人だっていたんじゃないだろうか。ルトが詳細を話さなかった数人は僕と同じ類なのかもしれない。モンクレール ダウン 一覧

 英雄になった者、騎士として王に仕えた者、魔法にのめり込みその最奥を覗こうとした者、冒険者として名を馳せた者、狂戦士と呼ばれて滅ぼされた者、そして浴場整備に一生をかけた者(多分日本人だと思う)まで。

 皆がそれぞれにこの世界に生きたようだ。だけど誰一人として帰還を叶えた者はいない、らしい。

 世界が云々と言うルトの話は殆ど理解不能だった。そして巴に聞いてもさっぱりだった。だけど、とにかく難度が高く覚悟が必要な事は何となくわかる。今すぐ、亜空はもちろん巴や澪、識の事を放りだして試みるべきでは無い事も。

 いくら部下の方が優秀だと言っても、だから主人が何をしても良い訳じゃないのもわかる。家族で一人だけ勝手をすれば、どこかに不満が集まって歪んでいくように。だから僕は足りない自分を少しずつでも補っていくしかない。

 女神に一撃入れるのが目的だけど、当面はクズノハの店舗拡大とか亜空の住人を増やしたりとか、後は帝国の動向を探ったり。知ってしまった以上、彼らの銃火器の開発は止めさせたい。メンズ ダウン

 一番の課題は女神の強制召喚。まずこれ。だけど識もこちらの対策に乗り出してくれるみたいだから、これは時間が解決してくれると思う。僕が直接手伝える事もなさそう。

 後は何よりも余裕を持てるようになる事。僕はどうも、周りに自分が劣っている事で焦っているから。

 優れた人材に囲まれている事は嬉しい事だと思う。今の僕は贔屓目なしで三国志の劉備の様な状態にある。だけど、劉備は張飛の様に力に優れて無いし孔明の様に頭も良くない。でも劉備は部下の力全てを身に着けた訳じゃ無い。僕には彼ほどの徳は無いとは言え、自分なりに必要な所から力を身につければ良い。

 最初に学ぶべき事はもう決まっている。僕は商会や亜空をまとめる立場だ。だから組織を守り維持する為の判断力と警戒心を身につける。幸い冒険を試みなくても、ただ堅実に在るように振舞えればクズノハは拡大していけるだろう。本来なら店舗を持つ位になった商人なら当然有しているはずの感覚が、僕にはまだ備わっていない。商売関係で苦労なんて殆どしてないから。より多くを求め考えるんじゃなくて、問題は早めに始末をつけておかないと。

 例えば今回の件、巴なら恐らくブライト先生も泳がせてより大きな魚を釣ろうとするだろう。でも、今回は夏休みに入ったらすぐに彼を拘束させて情報を引き出す。エヴァさんとルリアの安全がかかっているから。

 判断や警戒、と言う分野
http://www.tycy0.com

「話題の料理家」好感度ランキングTOP10

躍で大分レベルが上がってきていたからなあ。次に行ったら結構レベル上がっているんじゃないだろうか。レベルだけ上がっていても実力はどうかわからないけどさ。

まあ、多分だけどレベルは百五十前後かな。僕は推薦状一本でギルド所属云々は商人ギルドへの所属だけを明らかにしている。冒険者ギルドに登録していることを隠すのは虚偽に当たるのかな。言ってない、と嘘は違うとは思うけどちょっと心配だ。でもレベル一って書くのもどうよ。ま、言われたら答えれば良いや。商人と書かれた欄を見た時の担当者の二度見は中々に印象的だった。

ああ、試験内容の確認だった。時計 ブランド 一覧

この山あり谷ありのフィールド内に三種類の球状の物体が相当数放たれているから、それを三日以内に三個持って戻ること。合格者は該当者全員。僕らの間での戦闘行為は禁止。食料その他は自活。

界で把握したら本当にこの一帯に人は僕以外に三人しかいない。しかも全員それなりに離れた場所に飛ばされたようだ。これなら受験者が意図しない限りは戦闘は起きないだろう。

でも、流石に荒野とまでは行かないまでも、野生なのか放たれたのか、それなりの魔物の気配はある。他の受験者の人は大丈夫なんだろうか。ギブアップ用のベルみたいなアイテムが支給されているから最悪の事態にはならないか。

支給されたのは棄権する時のベルと、試験の終了を知らせて帰還する時に使う羽の形をした装飾品のみ。手に持って羽に刻まれた言葉をそのまま読めば試験会場への入り口、試験の説明を受けた場所に帰れる。結果的には同じ効果のアイテムだと思うんだけど、わざわざ二つ分けて持たせる辺りに意地の悪さと言うか嫌らしさを感じる。

三種類の球の特性も試験前に教わっている。基本的にどれも高速で移動する。サンプルを見せてもらったけど結構早い。拳位の大きさで浮遊していて、ゼロから一気に加速して慣性を何処かに置いてきたような動き方をする。ただ、規則性がありそうな印象だった。

これにそれぞれ有効な攻撃を加えることでダメージが蓄積、決められたラインを超えると動きが停止して捕獲可能になる。

魔法をぶつけると消滅してしまう球。その亜種で人がある程度接近すると破裂してしまう球。最後に物理的な衝撃で崩れてしまう球。それ以外の攻撃には頑丈な防御力を誇る。

他にも方法はいくらでもあるんだろうけど、僕が思いついたのは近づいて殴る、遠くから射る、魔法で撃ち落す。それぞれ、近距離物理、遠距離物理、魔法といったところだろうか。

どれも活動停止さえさせればただの球になるらしいので普通に袋に入れておけば良いとのこと。

こんな何も無い場所で野宿するのも嫌だし。一日で終わらせるか。拍子抜けするような簡単な試験で良かった。

だが。

これは凄くとても甘く儚い幻想だったと僕はすぐに思い知らされた。

球の場所は界でさくっとわかる。これは問題無い。楽天 時計 メンズ

それなりに近づいて遠距離タイプが壊れる距離を掴んだら、後は界の範囲を狭めて球の詳細な情報を取得。これも問題無い。

問題はそこからだった。

殴るタイプの球に近づき、翻弄されながらも一撃殴る。活動停止状態になる、はずが木っ端微塵になってしまった。

射るタイプの球に狙いをつけて持ち込んだ弓で射る。命中。活動停止状態になる、はずが木っ端微塵になってしまった。

魔法タイプの球にブリッドを撃ち込む。命中。活動停止状態になる、はずが以下同文!

やり方は間違ってない。

威力が、ありすぎるみたいだ。軽めにやったのに。頑丈だからひたすら攻撃してくださいとか嘘も大概にしろと説教したい心境だ。
http://www.watchsinteigen.com

彼女の元カレがこんな人だったら嫌だランキング

老の1人が答えてくれた。

となるとダークエルフっていうと、洞窟とかに篭ってる連中なのかな。ダークというか穴倉エルフ?…クールなイメージが消し飛ぶ名前になるな。

「……ダークエルフというのは魔術の探求に走り精霊の加護を捨てた一族を指す言葉ですわ」

意外な所から解説が。澪だ。

へぇ澪から何かを教わるなんて初めてかも。calvin klein 時計

ダークエルフだから澪とも関わりがあるかもと思ったけど、魔術の探求云々だと期待薄だ。

「我ら森鬼は森を守る者。精霊とは関係なく森を管理し恵みを受け、広げる者。森守(もりもり)とも呼ばれている。なぜ貴方が森鬼という我らの正確な種族の名を知っているのかわからないが」

わからないが、と言いながら語りかけてくる別の長老さんは明らかに答えを求めていた。しかし、森守ね。最強剣士が待望したレーザーぶっ放すゴーレムじゃなくて本当に良かった。そっちだったら今頃僕が死んでるかも。

巴が教えてくれたって話しても大丈夫かね。あいつがどうして知っているかまではわからないけど、その時は巴を連れてくれば済むか。別に僕が考えなくてもいいや。

「上位竜種の蜃を知っていますか?縁あって彼女から貴方たちの存在を聞いたのです」

『!』

蜃の名は知っているようだ。動揺と驚きが僕らの囲む円卓から周囲へと伝達していくのがわかる。言っといて遅いけど、蜃って名前だして大丈夫かな。

「確かに、蜃様であれば我らの名前を知っていても不思議はございません。この果ての荒野において精霊の加護に依らぬ種族はあの方に少なからぬご恩がありますれば。ですがかの御方のお住まいは遥か南西。とてもヒューマンの貴方が到達できる場所ではありません。ヒューマンたちが絶野と名づけた拠点からでさえ、一月近い距離があるのです」

蜃様。面倒な予感。

「あー、それは話すと長くなるんですが」

というか正直面倒。略しちゃだめかな。でも巴のご恩ってのにも興味があるな。超長生きしてるせいか従者二人の能力や過去を僕は全部は把握できていないからな。

全部自己申告させると何日かかるかわからないから折を見て質問すれば問題ないとは思っている。

「結構。時間はございますとも」

長老さんは順番に話す決まりごとでもあるのかな。さっきから順番に順番に別々の人が話すんですけど。

やっぱ話すしかないのか。澪のことも話すか。災害チックなとこは伏せて。

こっちだと澪ってもう突発的な災害として扱われてるんだもん。撃退しても撃退しても世界のどっかに現れる防ぎようの無い存在。現象として扱われた吸血鬼かっての。

何だか最近、人よりも人外に事情を打ち明けることが多いなあ。……そういえば、ヒューマンには事情打ち明けた人いない。レンブラントさんともまだ商売以上の話はしてないや。

父さんと母さんの家が残ってるとしたらだけど、こっちに親戚もいることになるんだし、多分心から信じられる人はその内出来るさ。
パネライ gmt
「それでは…」

かいつまみながらオークとの交流やモンスター大発生による絶野の崩壊、蜃とのいざこざを説明していく僕。

この分だと、今日はここに一泊しないと駄目かなぁ。

はぁ。


~巴~

いやいや棚からぼた餅、とはこの事じゃ。

以前若に記憶の閲覧を禁じられて以来、我が悲願達成のため、色々と頑張ってやっと記憶についてはそれなりに見せてもらえるようになった。

時代劇の解禁の時に、若の世界の歴史関係も知れると思ったのだが、どうやら「てれび、どうが」というジャンルに固定された許可だったようで。

禁止されてしまっていたのだ。
http://www.watchsreception.com

「幼稚園を襲う」警視庁に脅迫文

ったが。

「センパイよお! これが最後の試合だ、覚悟しろよおおお!!!」

 イルムガンドの突進をジンは嬉々として受け入れる。
 望むところだった。
 イルムガンドの陣営にいる残り六人には両脇からユーノとイズモが迫っている。
 そちらはジンが心配することは何もない。
 四人いる術師は詠唱を始めたところだし、残る二人の戦士もそれぞれ個々に迫ってくる二人を迎え撃とうとしている様子が見て取れた。パネライ 人気
 愚かだ、とジンは口元を歪めてそう思う。
 こちらの二人が何を考えているのか読めていないと、確信できたから。

「邪魔なゴミはあああああああ、潰すううううう!!」

 先日潰された加速からの横薙ぎを懲りずに放ってくるイルムガンド。
 ジンはその攻撃を受け止める。
 潰さなくても問題ない。
 それを教えてやりたかったから。
 だが、予想外の力が打ち合った剣から伝わる。
 魔力を這わせて一度くらい打ち合っても問題ない状態になっている筈の木剣に刃が食い込み、ジンの体が押し込まれる。

「ちっ!!」

 舌打ちを漏らしつつ剣を引いて攻撃を流そうと身体の動きを切り替えるジン。
 そこにまた予想外の攻撃が加えられる。
 大剣をそのまま薙ぎ払って体が流れたイルムガンドが一歩を無理矢理に踏み込み、空いていた手でジンに殴りかかった。
 明らかに身体の負担を考えない無茶苦茶な行為だ。
 狂気さえ感じさせる一撃。
 本来ならそれでも食らう一撃ではなかったが、彼にはイルムガンドをどうやって這いつくばらせてやろうかとそちらを主に考えていた。
 ジンの油断だ。

(よけられねえ、野郎っ)

 顔に迫る拳。
 回避出来ないタイミングになった事を察したジンは、半ば本能的に剣を持っていた手を上げる。
 正確には肘を。
 大したものではないとは言え、そこには防具を着けている。
 奇跡的にその防御は間に合い、イルムガンドの拳はジンの右肘と激突した。
 肘に当たった事など意にも介さず、そのまま振り抜かれる拳。
 ジンはやや後方に飛ばされて転ばされる。
 即座に立ち上がり、剣を構え直すジン。
 肘への思わぬ衝撃にも剣を離さないのは、流石だった。

「貴族様の戦い方かよ、それ。ちっ、先生が見てる前でやってくれやがって」

 ジンの目に激しい怒りが揺らめく。
 一撃をもらったのは、彼の油断も大きいのだが、戦いの高揚でそんな事は思考に入らない。

「ユーノ、イズモ。悪ぃな、先始めるわ」

 小さく。
 ジンの呟きが漏れる。パネライ 1950
 再び彼に向け突進するイルムガンドを制するように、今度はジンも駆け出した。
************************************************
ご意見ご感想お待ちしています。団体戦、決着

 一方イズモとユーノは左右から隊列を組んで待ち構える六人に接近していた。
 戦士二人は既に剣と槍を構えていたが、術師の詠唱はまだ発動まで時間がかかる状態。
 最初に動いたのは、ユーノ。
 まだ最も近い戦士との間合いも詰まっていないのに、彼女は手に持った槍を二人の戦士の間を縫うように投擲した。
 真っ直ぐに鋭く飛ぶ槍は、ユーノから見て一番奥にいた男術師の胸に吸い込まれて直撃する。
 貫通はしない。
 木製で、その上先端は鈍く丸められていたから。
 槍が勢いを失ってその場に落ちるのに対して、攻撃された術師は大きく仰け反って仰向けに倒れる。

「め~いちゅ~~!!」

 朗らかな声が舞台に響く。
 心底から楽しそうな、聞いている方まで楽しくなる声だ。
 やっている事は楽しくない、むしろ凄く痛い事だと言うのに。
 ユーノは一
http://www.watchsrunner.com
09 | 2013/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
自我介绍

gou44ride

Author:gou44ride
欢迎来到FC2博客!

最新文章
最新留言
最新引用
月份存档
类别
搜索栏
RSS链接
链接
加为博客好友

和此人成为博客好友