「幼稚園を襲う」警視庁に脅迫文

ったが。

「センパイよお! これが最後の試合だ、覚悟しろよおおお!!!」

 イルムガンドの突進をジンは嬉々として受け入れる。
 望むところだった。
 イルムガンドの陣営にいる残り六人には両脇からユーノとイズモが迫っている。
 そちらはジンが心配することは何もない。
 四人いる術師は詠唱を始めたところだし、残る二人の戦士もそれぞれ個々に迫ってくる二人を迎え撃とうとしている様子が見て取れた。パネライ 人気
 愚かだ、とジンは口元を歪めてそう思う。
 こちらの二人が何を考えているのか読めていないと、確信できたから。

「邪魔なゴミはあああああああ、潰すううううう!!」

 先日潰された加速からの横薙ぎを懲りずに放ってくるイルムガンド。
 ジンはその攻撃を受け止める。
 潰さなくても問題ない。
 それを教えてやりたかったから。
 だが、予想外の力が打ち合った剣から伝わる。
 魔力を這わせて一度くらい打ち合っても問題ない状態になっている筈の木剣に刃が食い込み、ジンの体が押し込まれる。

「ちっ!!」

 舌打ちを漏らしつつ剣を引いて攻撃を流そうと身体の動きを切り替えるジン。
 そこにまた予想外の攻撃が加えられる。
 大剣をそのまま薙ぎ払って体が流れたイルムガンドが一歩を無理矢理に踏み込み、空いていた手でジンに殴りかかった。
 明らかに身体の負担を考えない無茶苦茶な行為だ。
 狂気さえ感じさせる一撃。
 本来ならそれでも食らう一撃ではなかったが、彼にはイルムガンドをどうやって這いつくばらせてやろうかとそちらを主に考えていた。
 ジンの油断だ。

(よけられねえ、野郎っ)

 顔に迫る拳。
 回避出来ないタイミングになった事を察したジンは、半ば本能的に剣を持っていた手を上げる。
 正確には肘を。
 大したものではないとは言え、そこには防具を着けている。
 奇跡的にその防御は間に合い、イルムガンドの拳はジンの右肘と激突した。
 肘に当たった事など意にも介さず、そのまま振り抜かれる拳。
 ジンはやや後方に飛ばされて転ばされる。
 即座に立ち上がり、剣を構え直すジン。
 肘への思わぬ衝撃にも剣を離さないのは、流石だった。

「貴族様の戦い方かよ、それ。ちっ、先生が見てる前でやってくれやがって」

 ジンの目に激しい怒りが揺らめく。
 一撃をもらったのは、彼の油断も大きいのだが、戦いの高揚でそんな事は思考に入らない。

「ユーノ、イズモ。悪ぃな、先始めるわ」

 小さく。
 ジンの呟きが漏れる。パネライ 1950
 再び彼に向け突進するイルムガンドを制するように、今度はジンも駆け出した。
************************************************
ご意見ご感想お待ちしています。団体戦、決着

 一方イズモとユーノは左右から隊列を組んで待ち構える六人に接近していた。
 戦士二人は既に剣と槍を構えていたが、術師の詠唱はまだ発動まで時間がかかる状態。
 最初に動いたのは、ユーノ。
 まだ最も近い戦士との間合いも詰まっていないのに、彼女は手に持った槍を二人の戦士の間を縫うように投擲した。
 真っ直ぐに鋭く飛ぶ槍は、ユーノから見て一番奥にいた男術師の胸に吸い込まれて直撃する。
 貫通はしない。
 木製で、その上先端は鈍く丸められていたから。
 槍が勢いを失ってその場に落ちるのに対して、攻撃された術師は大きく仰け反って仰向けに倒れる。

「め~いちゅ~~!!」

 朗らかな声が舞台に響く。
 心底から楽しそうな、聞いている方まで楽しくなる声だ。
 やっている事は楽しくない、むしろ凄く痛い事だと言うのに。
 ユーノは一
http://www.watchsrunner.com

comment

只对管理员显示

01 | 2017/02 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
自我介绍

gou44ride

Author:gou44ride
欢迎来到FC2博客!

最新文章
最新留言
最新引用
月份存档
类别
搜索栏
RSS链接
链接
加为博客好友

和此人成为博客好友