“大根めし”を贅沢食材で再現した



「平和だねぇ。いつまでも君も、僕もこうだと良いんだけど」

 ドーラは澄んだ青空を見上げながら、葉の間から差す木漏れ日に目を細めるのだった。

フェラガモ 財布 男性

 降り注ぐ日差しの中、アルフィリース達が生活する傭兵団の宿舎の屋上で交差する影が二つ。とても人間とは思えぬ速度で動く二つの影の名を、ルナティカとレイヤーと言った。
 二人の手にはそれぞれ小刀と剣。ルナティカは得意の二刀で出入りの妙で戦うのに対し、レイヤーは後ろに進むのを知らぬがごとく一挙に間合いを詰める攻撃性で勝負している。無言で戦い続ける二人だが、そのうちにルナティカの多方向からの攻撃にレイヤーの手が押され始める。そして数瞬後、レイヤーの剣は弾き飛ばされた。

「今日はここまでだ」
「わかった」

 ルナティカが喉元にぴたりと小刀をつきつけ、レイヤーが降参の姿勢を取る。ルナティカは手慣れた動作で小刀を収めると、レイヤーの剣を取るべく弾かれ刺さった剣の方に歩きながら彼を諭す。

「レイヤーは剣にこだわる。こだわり過ぎと言ってもいい」
「そうだろうか」
「多様な武器は選択肢の多さにつながる。剣で勝てない相手でも、槍や飛び道具なら勝てるかもしれない。それに剣が無い状況での戦闘も十分に考えられる」
「器用貧乏という言葉もあるはずだけど」
「確かに」

 ルナティカは剣を抜くと、レイヤーに放り投げる。そしてその剣を腰の鞘にしまうように促した。

「達人というものは恐ろしい。私は剣の達人と言われる人間を四人ほど仕留めたことがあるが、どれもまともにやりあっては勝てそうにもなかった。どうやってそれらを仕留めたと思う?」
「不意をついた」
「二人は。だが二人は不意を突かず、正面から戦った」フレッドペリー ブランド

 ルナティカのなぞなぞの様な問いかけに、レイヤーはしばし悩む。

「わからない」
「教えてやる。剣を抜け」

 そう言ってレイヤーが剣を抜こうとした瞬間、その柄をルナティカが足で押さえた。レイヤーは剣を抜きかけの恰好で止まったことになる。そしてその表情がはっとする。

「わかったか? 剣と言うものは鞘を伴う。抜き身のままの剣などすぐ刀身が錆びつくし、何より危険。だから鞘があるのは仕方ないが、どんな剣士であれ、剣を鞘から抜く動作というものに差は大してない。剣は腰に佩くか、あるいは背中に背負うか。そこから取れる動作はおよそ限られる。剣に限らず、どんな武器でもそうかもしれないけど」
「なるほど」
「だから私は色々な武器を体中に仕込んでいる。一見無造作に見えるが、かなり計算された仕込み方だ。立ったまま、座った状態、後ろ手、万歳、握手の最中。どの状態でも何らかの武器が取り出せる。多様性で私に勝てる事はまずないだろう。そして一撃入れば毒がまわる。それが私の戦い方」

 そこまで説明してルナティカは剣から足を離した。レイヤーは黙って彼女の説明を聞いていたが、やがて納得したように彼女に向き直った。

「でもやはり、僕は剣にこだわりたい」
「そうか。それは個人の自由だし、何も私も無理にやめろとは言わない。だが欠点は知っておくがいい。だが一つ聞く。なぜ剣にこだわる?」
「剣が僕の全てだから」

 レイヤーは剣を抜き、その刀身を陽に当てながら答える。反射する光に、レイヤーが眩しそうに目を瞑った。

「最初に人を殺したのは6歳の時だ。相手は奴隷商

http://www.cnxin36.com

comment

只对管理员显示

03 | 2017/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
自我介绍

gou44ride

Author:gou44ride
欢迎来到FC2博客!

最新文章
最新留言
最新引用
月份存档
类别
搜索栏
RSS链接
链接
加为博客好友

和此人成为博客好友