やなせ氏が遺した遺産400億の行方

た。ブランディオは彼らからこの館の真実を見る過程で、彼らが何をされた方を全部知ってしまったのだが。
coach アウトレット 店舗 coach shop
「全く、ようも吐き気のする行為を平然と行えたもんや。確かに稀代の狂った女やで。なあ?」

 そうつぶやくブランディオが部屋の隅を見ると、地べたを這いずるインソムニアがいたのだ。ジェイクに致命傷を浴びせられ、それでもなんとか彼女は脱出し、ここまで移動してきたのだった。もはや『城』を維持する能力も、悪霊として恐怖を周囲にまき散らす力もありはしない。ただその長い髪を振り乱し、不気味な印象だけを与え、這いずるのが精いっぱいだった。
 ブランディオはまるで虫でも見るような目つきで、自分の足にしがみついてきたインソムニアを見た。

「やったのはやっぱりジェイクか。あの小僧、本物のようやな。五位の悪霊ともなれば、あんな未熟な騎士の聖別なんぞ掻き消えるはずや。だけど実践不足か、取り逃がすとは。まあとどめはワイが刺しておくわ。出血大サービスでな。
 それにしても哀れな女や。さっきランブレスの記憶を見たが」

 ブランディオはふっと先ほどランブレスと執事から見た記憶を思いだす。それは断片的だったが、確かにインソムニアの人生と、隠された真実を暴きだしていた。
 インソムニアが生まれた時。確かに彼女は不気味ではあったが、愛情深いランブレスとその妻は彼女の生誕を喜んでいた。少なくとも、その努力はしていたのだ。だが記憶がコマ送りのように飛ぶたびに、妻もランブレスも必要以上にインソムニアに怯えていた。そしてランブレスは館を改造し、妻にインソムニアの世話を押し付けるように、彼女から離れて行った。コーチ 店舗 coach アウトレット
 男ゆえの性か。子育てよりも仕事に没頭するするふりをして、ランブレスはインソムニアから離れた。だが妻の方は子育てに対する責任感からか、インソムニアの近くにできる限りいようとした。それが災いしたのか、妻は徐々に精神を病んでいった。そして妻は人に隠れて、娘に虐待を繰り返すようになる。
 それはまだインソムニアが赤子に近しいころから繰り返され、物心ついてからも執拗に行われた。最初は頬を張ったり、水をかける程度。だが徐々に虐待は拷問に近くなり、手はこんでいった。そしてランブレスの知らないところで、執事が妻に協力をしていた。妻が力仕事をさせるために執事を使ったのだが、彼らは異常な秘密を共有したことから妙に親密になり、そして彼らは子供を虐待しながら一種の興奮を覚えるようになる。異常をきたした彼らは、ついにインソムニアの前で背徳的行為に及ぶようになった。インソムニアは幼い頃からずっとその光景を見て育ったのである。
 ある日執事は、インソムニアが逆に自分の母親に拷問している姿を見てしまう。最初は妻を助けようと考えた執事だが、その手口の容赦なさと、美しさに逆に虜にされてしまった。そしてインソムニアの下僕となった執事は彼女にせっせと犠牲者を運び、妻は怯えきってしまい娘に近寄らなくなっていった。
 やがてランブレスが館を改造しインソムニアを閉じ込めようとするのだが、執事の手引きでインソムニアはたびたび脱走した。そして自分の母親のところに行っては、今行っている素晴らしい行為の数々を見せた。このころから能力の一部を発揮していたインソムニアは、母親が目を背ける時は夢に引きずり込んで無理やりにでも自分の行為に突き合わせた。母親が精神を病み、病気で死んだのも無理はない。
 そして執事はついにはランブレスも巻き込んで、インソムニアの行動を促した。執事はたびたび人を招待し、またランブレスの館の噂を流した。そして訪れる人々
http://www.924bc.com

comment

只对管理员显示

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
自我介绍

gou44ride

Author:gou44ride
欢迎来到FC2博客!

最新文章
最新留言
最新引用
月份存档
类别
搜索栏
RSS链接
链接
加为博客好友

和此人成为博客好友