たばこ、来年4月以降値上げ検討

もたらされた情報に言葉を失った。それがあのふたりの間に存在していた葛藤の原点なのか。

ニクソン プレイヤー
「結局係長とその人、二ヶ月もしないで終わったらしいの。しかも一方的な別れ方だったって。まあそれだけならどこにでもある男女の話だし、内心どうあれ主任だって受け入れてたんだろうけど……係長がWEBに異動してそれが変わったって」
「どういうことですか?」
「社外の女性関係がすっかりおとなしくなって、ファンの子たちともスッパリ手を切って……これまでは『そういうヤツ』だからって軽蔑してれば済んだ係長が急に変わって、『今更そりゃないだろ、変わるんならなんでもっと早く変わらないんだよ』……飲んでクダ巻いたんだって」
 別れた恋人のために怒りを溜めていたのか。結局彼女もまた係長にとっては『過去の女の一人』に過ぎなくなって、そんな結果を迎えるために自分たちは別れることになったのかという怒り。
「皮肉なことだと思うわよ。だって係長が変わった理由ってきっと――」
 杏子さんはそこで言葉を止めてじっと私を見つめた。その瞳を見て彼女の言いたいことがわかったような気がした。

 滝沢主任には、係長が社長のお気に入りを味方につけて出世目的に利用しているように見えていたんだ。私を信用させるためにこれまでの態度を変えていると。
 私が「一緒に一番を目指す人がいるのか」となじるように言ったときに歪んだ顔を見せたのも、彼女への想いがまだ完結していないからなのかもしれない。もしかしたら、主任はその彼女と一緒に一番を目指したかったのかもしれない。だとしたら彼をあんな行動に駆り立てたのは私の言葉だったんじゃないか。
 それぞれの方向を向いていたはずの想いがねじられてつながって予想もしない結果を生んだ。今私がやろうとしていることも、自分の想いばかりに目が向いていて、正しいことではないのかもしれない。どんな結果に行き着くのかもまだわからない。
 でもこの選択をしなかったらきっと後悔すると思った。だから私は何度でも同じことをするだろう。
  
 
 やがて杏子さんが沈鬱な顔で口を開いた。
「……一人で落ちたんじゃないよね?」
「一人で落ちたんですよ」
 間髪を入れずに返答した私を軽く睨む。
「あんたが我慢して口をつぐむことじゃないんだよ? 事実ははっきりさせるべきだと思う」
時計 ニクソン レディース
 すでに確信しているらしい彼女には、通りいっぺんな言い方では通用しないと思った。
「一人で落ちたんです。それが事実です。……そうでなきゃいけないんです」
「……係長のため? あんたが侮辱されてあれだけ怒れる人だから、あんたのこんな姿見たら何するかわかんないけどさ。でもね」
 口調を強いものに変えて彼女は言葉をつないだ。
「あたしがさっきの話をしたのは、係長のためでも主任のためでもないの。男女問題に端を発した男二人の揉めごとに、あんたが巻き込まれるのはおかしいって言いたいの。
 係長がそのことを話さなかったのは男のずるさだと思うし、あんたが引っ被ることなんかないよ。――たとえそれであの二人が会社を辞めることになってもね」

 男のずるさ。でも私にはそうは思えなかった。少しずつ彼を知ってきた今の私には。
 何があっても嫌いにならないと約束した。何があっても彼を信じると。私の言葉を疑ってはいないだろうけど、過去は変えられないことも一方ではよくわかっている。
 今どれほど誠実に尽くしても、過去の自分は消えることなく冷ややかに意地悪な目で、今の自分を見つめているのだろう。彼は怖いのだ、ずるいのではなく。私が未来を怖がっていたのとは反対に、彼は過去を怖がっていたのだ。
 滝沢主任と関わらないでくれと何度となく言ったのも、営業部時代の噂と合わせて私に知られるのが怖かったんだろう。
 そう思ったら、彼のことがたまらなく愛しくなった。怖さを抱えながらも私に自分を見せてきてくれた彼が。 
 
 ふっと笑って唇を動かした。
「杏子さん。……女が男を守りたいって思ったら
http://www.uv75.com

comment

只对管理员显示

01 | 2017/02 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
自我介绍

gou44ride

Author:gou44ride
欢迎来到FC2博客!

最新文章
最新留言
最新引用
月份存档
类别
搜索栏
RSS链接
链接
加为博客好友

和此人成为博客好友